"I'd love to" の2つの意味

"I'd love to" という英語の表現の意味や成り立ちについて説明します。

"I'd love to" の意味

"I'd love to" の意味というか使われ方は2つあります。

  1. (何かを誘われて)「よろこんで」や「ぜひとも
  2. (独り言とかで)「ぜひとも~したいもんだなあ」や「ぜひ~したいものだね

以下に、この2つの使われ方の用例を記載します。

1つ目の使われ方

"I'd love to" の使われ方の1つは、何かを誘われたときにその申し出を(意欲的に)受けるというものです。

この使われ方の "I'd love to" は「よろこんで」や「ぜひとも」と訳すと良いでしょう。

用例

Fiona: Well, why don't you wear something of mine?
Apple: Could I really?
Fiona: Yes, of course. Would you like to?
Apple: Well, I'd love to. If you really don't mind.
フィオナ: じゃあさ、私の(服)を着たらどうかしら?
アップル: いいの? 本当に?
フィオナ: もちろんよ。着たい?
アップル: うん、ぜひお願いするわ。本当にそれで構わないのならね。
# フィオナさん(Fiona)がアップルちゃん(Apple)に服を貸してあげようか? と申し出る一幕です。
Echinodorus: Well, how about tomorrow night? Are you doing anything then?
Rotala: No I'm not. What are you planning to do?
Echinodorus: I'm going to see a musical. Would you like to come?
Rotala: Sure, I'd love to!
エキノドルス: じゃあ、明日の夜ならどうだい? 何か用事はある?
ロタラ: 用事は無いわ。 どんな予定なのかしら?
エキノドルス: ミュージカルに行く予定なんだ。 いっしょに来るかい?
ロタラ: もちろん、喜んで
# エキノドルス君(Echinodorus)がロタラちゃん(Rotala)をデートに誘う一場面です。

2つ目の使われ方

"I'd love to" のもう1つの使われ方は、何かに誘われて申し出を受けるのではなく「ぜひとも~したいものだなあ」という気持ちを言葉にするというものです。

用例

Someday, if we ever had enough money, I'd love to...
いつの日か、十分なおカネがあったら、ぜひとも ...したいものだ。
When asked if he was going to quit acting, Baldwin said, "I'd love to if I could, yeah. That would be the greatest thing in the world... if I could find something else to do."
俳優を辞めるつもりなのかと尋ねられた(アレック・)ボールドウィンはこう答えた。「そうだね、できるものならぜひ止めたいね。 そうできれば(俳優を辞められたら)最高だね... 他に何かやることを見つけられればの話だけど」
One day in the future, I'd love to be a mother.
将来のいつの日か、私はぜひとも母親になりたい。

解説

"I'd love to" の成り立ち

"I'd love to" は "I would love to" が短縮された表現です。

"I'd love to" の "to" は不定詞の名詞的用法です。 不定詞は「to+動詞」という構造を取るので、"I'd love to" の後ろには動詞が続きます。

「love to+(動詞)」 を逐語訳すると「(動詞)することを愛する」となります。 それが転じて「ぜひ(動詞)したい」という意味になります。
"I'd love to" の類似表現に "I'd like to(~したいものだ)" というものがあります。 この "I'd like to" も不定詞の表現で、"like to~" の部分が「~することを好む」という意味です。 "like" よりも "love" のほうが感情の程度が強いので、"I'd like to" よりも "I'd love to" の方が意欲的な表現となります。

省略

"I'd love to" の後ろに動詞が存在しない("I'd love to." で文が終わっている)場合、"to" の後ろの動詞が省略されています。 どのような動詞が省略されているかは、文脈や状況から必ず明らかです。

例えば、上のボールドウィンさんが登場する例文で "I'd love to if I could" となっていますが、この例では "to" と "if" の間に "quit acting(俳優を辞める)" という動詞が省略されています。 ついでに言えば、ここの "if I could" の後にも "quit acting" が省略されています。

したがって、ボールドウィンさんの例文で省略されているモノを補うと次のようになります。
When asked if he was going to quit acting, Baldwin said, "I'd love to quit acting if I could quit acting, yeah..."

"quit acting" が3回繰り返されてくどい感じがすると思います。 そして、"I'd love to" の後の "quit acting" と "if I could" の後の "quit acting" は省略されても文の意味が理解できます。 それゆえにオリジナルの例文では "quit acting" の使用を初回の1度だけにとどめて後の2回では "quit acting" を省略しています。

"I would love to" の "would"

上述のように "I'd love to" は "I would love to" が短縮されたものです。 そして多くの場合、この "I would love to" の "would" は単なる婉曲表現(丁寧な言い回し)ですが、この "would" が仮定法の文章の一部(帰結節)であることもあります。

仮定法は、仮定法現在・仮定法過去・仮定法過去完了の3つに大別されますが、"I'd love to" が仮定法である場合、それは仮定法過去(もし~だったら...なのに)です。 「もし~だったら...なのに」の「...なのに」の部分に当たるのが "I'd love to" です。

「もし~だったら」の部分は省略されていることが多いのですが省略されていないこともあります。
冒頭で "I'd love to" の使われ方を2つに分類しましたが、そのうちの1つ目の使われ方は必ず婉曲表現であると言って良いと思います。 逆に2つ目の使われ方が必ず仮定法であると言い切れません。 "One day in the future, I'd love to be a mother.(将来のいつの日か、私はぜひとも母親になりたい)" という例文は仮定法過去と解釈できなくもないですが、素直に受け取るなら単なる婉曲表現でしょう。

上に挙げた4つの例文のうち "I'd love to" が明らかに仮定法であるのは2つです。 その2つを下に再掲します。

"I'd love to" が仮定法であるケース①

Someday, if we ever had enough money, I'd love to...
いつの日か、十分なおカネがあったら、ぜひとも ...したいものだ。

"if we ever had enough money" と "have" が過去形の "had" になっていることから、この文が仮定法過去であることがわかります。

"I'd love to" が仮定法であるケース②

When asked if he was going to quit acting, Baldwin said, "I'd love to if I could, yeah. That would be the greatest thing in the world... if I could find something else to do."
俳優を辞めるつもりなのかと尋ねられた(アレック・)ボールドウィンはこう答えた。「そうだね、できるものならぜひ止めたいね。 そうできれば(俳優を辞められたら)最高だね... 他に何かやることを見つけられればの話だけど」

"I'd love to if I could, yeah." の "if I could" の部分が仮定法過去の「もし~だったら」の部分に当たります。

再掲になりますが、省略されている2つの "quit acting" を補うと次の通り。
I'd love to quit acting if I could quit acting.
「(俳優を辞められはしないだろうけど)もし仮に俳優を辞められるものなら、ぜひとも辞めたいものだね」

こうして省略部分を補うと、この例文が仮定法過去であることがよくわかります。