"I don't mean to" の意味と仕組みと用例

"I don't mean to" という表現について説明します。

意味

"I don't mean to" は「そんなつもりじゃない」や「不本意ながら」という意味です。

解説

"mean"

"I don't mean to" の "mean" は意図するという意味です。

"mean" の意味として有名なのは「意味する」という意味ですが、"mean" には「意図する」という意味もあり、"I don't mean to." ではこの意味で使われています。

"to"

"I don't mean to" の "to" は不定詞です。 不定詞の名詞的用法(「~すること」逐語訳される)になります。

不定詞は "to + 動詞の原型" という構造なので、本来であれば "to" の後ろに動詞の原型が来ます。

しかし、"to" で文(あるいは節)が終わるタイプの "I don't mean to"(この記事で扱うのはこのタイプの "I don't mean to" です)では "to" の後ろの動詞が省略されています。

全体

"I mean to~" で「私は~することを意図する」という意味なので、そこに "don't" が付加されて意味が裏返った "I don't mean to~" は「私は~することを意図しない」という意味になります。
この「~すること(to~)」が不定詞の名詞的用法にあたります。

"I don't mean to" は、"I don't mean to~" の「~」に当たる部分が省略された表現です。

どうして "I don't mean to" では「~」に当たる部分が省略されているのか? それは、"I don't mean to" の前後の文から「~」に当たる部分の見当がつくからです。

省略前はどんな感じ?

"I don't mean to" は本来は(「~」部分が省略される前は)、例えば次のように使われます:
I don't mean to offend you.
あなたの気分を害するつもりはありません。

# "offend" は「~に不快な思いをさせる、不快な感情(怒りなど)を引き起こす」という意味です。

"I don't mean to offend you." を逐語訳すると、「私はあなたの気分を害することを意図しません」となります。 これを自然な日本語にしたのが「あなたの気分を害するつもりではありません」です。
I don't mean to brag, but...
自慢じゃないが...

# "brag" は「自慢する」という意味です。

上記の "I don't mean to offend you." のような文の "to" 以下が省略されたのが "I don't mean to" です。

使われ方

"I don't mean to" の実際の使用例を見てみましょう。
I don't mean to, but I love you.
不本意だけど、あなたを愛しているの。
上記の例文は、"to" の後ろに "love you" が省略されています。 これを補うと次のようになります。
I don't mean to love you, but I love you.
あなたを愛するつもりじゃないけど、あなたを愛しているの。
次の例文も同じような感じです。
I don't mean to, but I treat my elder daughter badly.
不本意ながら、上の娘に辛く当たってしまう。
省略されているのを補うと次のようになります:
"I don't mean to treat my elder daughter badly, but I treat my elder daughter badly."
上の娘に辛く当たるつもりはないんだが、上の娘に辛く当たってしまう。
「上の娘に辛く当たる」の部分が2回繰り返されて冗長になっている(まどろっこしい)のが日本語からもわかると思います。
I am hard to live with. I don't mean to, but I am... critical.
オレは同居の相手としては不向きなんだ。 不本意ながら、オレは... 批判的なんだよ。
# ここの「批判的(critical)」とは「同居人をことあるごとに批判してしまう」ということでしょう。 "I am hard to live with" は直訳だと「私は(他の誰かが)共に住むには困難である」という意味です。

ここまでの用例はいずれも "I don't mean to," と最後がカンマ(,)で終わっていますが、"I don't mean to." とピリオド(.)で終わるケースもあります。

"I don't mean to" の使い方のイメージを掴むための用例を以下に記載します。

用例

I treat a lot of my relationships like business relationships even if I don't mean to.
私は自分の人間関係の多くをビジネス的な関係として扱ってしまう。 そういうつもりじゃなくても。

# 「そういうつもりじゃなくても」に相当するのが "even if I don't mean to" です。「そういうつもり」とは「ビジネス的な関係として扱うつもり」ということです。

"I don't mean to" の後ろに省略されているのは、"treat a lot of my relationships like business relationships"(←をこのまま "to" の後ろに挿入するとおかしな部分が生じますが)。

ここまでの用例と違ってこの用例では、"I don't mean to" よりも前に出現した語句が "I don't mean to" の後ろに省略されています。
I've now added the top-right corner as another hot corner to put displays to sleep, but of course, the more corners I add, the more likely I am to accidentally put my displays to sleep when I don't mean to.
(パソコンの)ディスプレイをスリープ・モードにするための「ホット・コーナー」として、(ディスプレイの)右上隅を追加したのだが、当然のことながら、「ホット・コーナー」を増やすほど、そんなつもりじゃないときに(スリープ・モードに移行させることを意図していないときに)うっかりディスプレイをスリープ・モードにしてしまうことが増えている。

# この例文は https://www.betalogue.com というブログで見つけてきたものです。 この文を書いた人のPCには、マウスのカーソルをPC画面の特定の位置(ホット・コーナー)に移動させるとディスプレイがスリープ・モードに移行するという機能が備わっています。

"I don't mean to" の後ろに省略されているのは "put my displays to sleep(私のディスプレイをスリープの状態にする)" です。

この用例でも、"I don't mean to" よりも前に出現した語句(put my displays to sleep)が "I don't mean to" の後ろに省略されています。

“I have a book of biographies at home, and I find that not only rich men, but men distinguished in other ways, generally commenced in poverty.”

“I wish you'd lend me that book,” said Ben. “Sometimes I get despondent and that will give me courage.”

“You shall have it whenever you call at the house. But you mustn't think too much of getting money.”

I don't mean to; but I should like to make my mother comfortable. I don't see much chance of it while I remain a grocer's boy...”

「偉人の自叙伝を集めた本が家にあるんだけど、富豪以外の偉人も大体は貧乏な境遇から出発したんだよ」

「その本を貸して欲しいなあ」とベンは言った。「僕はときどき落ち込んだりするんだけど、そんな本があれば元気づけられると思うんだ」

「家まで来ればいつでも貸してあげるよ。 でも、おカネ儲けのことばかり考えてちゃダメだよ」

そういうわけじゃないよ。 でもさ、母さんに楽をさせてやりたいんだ。 食品雑貨店の下男なんかやってるんじゃ、いつのことになるやら...」
# "I don't mean to" の後ろに省略されているのは、"think too much of getting money" です。 文面的には他に考えられる選択肢はありません。 しかし、「おカネのことばっかり考えるつもりじゃないよ」というのも少し変なので、ここの "I don't mean to" は「そういうわけじゃない」という意味の慣用句のように見なすと良いかもしれません。
She told another reporter, "A lot of the male drivers think I'm out there to prove that I can beat them because they're men. That isn't so. They claim that I sometimes charge into the corners, cutting them off. I don't mean to. I'm just trying to win."
彼女は別のリポーターにこう語る。「多くの男性ドライバーは、私が男性よりも優れていると証明するためにレースをやってるって思ってる。 でも、そうじゃないわ。 私がときどきコーナーにチャージしてコースを塞ぐと彼らは言う。 そんなつもりじゃない。 私はただ勝とうとしてるだけ」
# 「彼女」とは Donna Mae Mims という名の米国の女性カーレーサー(1927~2009年)。