星野源さんが歌う「サピエンス」の曲名の意味

星野源さんの歌に「サピエンス」というタイトルのものがありますが、この「サピエンス」は一体どういう意味なのでしょうか。

「サピエンス」の原語

「サピエンス」は "sapience" あるいは "sapiens" という語をカタカナで表記した言葉だと思われます。

"sapience" と "sapiens" の意味

ラテン語

"sapiens" はラテン語で「賢い・賢明な・分別のある・理性のある」といった意味を持ちます。 この "sapiens" は「人類」の学名である "homo sapiens(ホモ・サピエンス)" の "sapiens" でもあります。

英語

このラテン語の "sapiens" は、"sapiens" というそのままの綴り、および "sapience" という別の綴りで英語に輸入されています。

英語の "sapiens" は形容詞で「人類の、人類に似た」などの意味を持ちます。 "sapience" は名詞で「知恵」や「英知」という意味を持ちます。

また、話がややこしくなりますが、英語では "sapiens" の意味で "sapience" という言葉を使うこともあります。

発音

英語での実際の発音は、"sapience" が「セイピアンス」、そして "sapiens" が「セイピアンズ」というものです。

しかし、アルファベットをカタカナに置き換えるときの慣行を考えれば、"sapience" にしても "sapiens" にしてもカタカナでは「サピエンス」と表記されるでしょう。

フランス語

フランス語に、英語の "sapience" と綴りが同じで意味も恐らく同じである "sapience" という言葉がありますが、フランス語の "sapience" は発音が「サピエンス」ではありません。

「サピエンス」の正体

上記をまとめると、「サピエンス」という曲名の原語は次の3つのうちのいずれかでしょう:
  1. "sapiens"(ラテン語)
  2. "sapiens"(英語)
  3. "sapience"(英語)

しかし、この歌の歌詞を見ても、「サピエンス」という言葉が「人類の」という意味で使われているのか「知恵」という意味で使われているのか、はたまた「賢明な」という意味で使われているのか(少なくとも私には)わかりません。 「ホモ・サピエンス」を略して「サピエンス」と言っているのかなとも思います。

したがって、ここでは「サピエンス」が上記の3つの語のうちのどれであるかは断定しないでおきます。 皆さんの判断にお任せします