「Hey! Say! JUMP」が歌う「Last Dance」の英語の歌詞の意味

「Hey! Say! JUMP」が歌う「Last Dance」に登場する英語の歌詞の意味です。

Tic Tac

「チクタク」という意味です。 「チクタク」は時計の秒針が一定のリズムで動き続ける音を表します。

「チクタク」は "ticktack" と表記されることが多いです。 辞書には "ticktack" が最も一般的な表記として記載されていて、"ticktack" の異表記として "tic-tac" が記載されています。

Zig Zag

「ジグザグ」という意味です。 「ジグザグ」は「急激なターンの繰り返しで描かれる軌跡」あるいは「急激なターンの繰り返し」のことです。

「Hey! Say! JUMP」が歌う「Last Dance」の歌詞では「Zig Zag 彷徨(さまよ)う」となっています。「ジグザグのラインを描きつつ彷徨う」ということでしょう。

参考までに、英語の辞書では "zigzag"(zig と zag の間にスペースを入れない)となっています。

I don't know where you are

「君がどこにいるのかわからない」という意味です。

星と星をつなぐLine

「星と星をつなぐ線」という意味です。

Tell me where you are

「君がどこにいるのか教えてよ」とか「君の居場所を教えて」という意味です。

Gravity

「重力」という意味です。

Reality

「現実」とか「現実っぽさ(リアリティー)」という意味です。

君を見つけたならHold your hand

「君を見つけたならば君の手を握るよ」という意味です。

"Hold your hand" だけを取り出せば命令文(君の手を握れ)ですが、「君を見つけたなら」と組み合わせて見ると、"I will hold your hand" の "I will" の部分が省略されて "Hold your hand" になったのだと考えられます。

Last dance

「最後のダンス」という意味です。

I wish I was there

「僕がそこに居られれば良かったのに」という意味です。 英語の文法で言えば仮定法なので "was" と過去形になっています。

「そこ」がどこなのかは明確でありませんが、おそらく「君のいる場所」でしょう。

I don't wanna say“サヨナラ”

「サヨナラは言いたくない」という意味です。

"wanna" は "want to(~したい)" がなまった表現です。

"say ”サヨナラ”" で「”サヨナラ”と言う」という意味になります。

あのPromises

"Promises" は "Promise(約束)" の複数形なので、「あの複数の約束」という意味になります。 「君」と「僕」のあいだで複数の約束をしていたのだと推察されます。

I close my eyes

「僕は両目を閉じる」という意味です。 "eyes" と複数形になっているので「両目」です。

Cry

「泣く」あるいは「叫ぶ」という意味です。 「泣く」という意味での "cry" は必ずしも声を上げて無くとは限りません。 涙を流すだけの「泣く」を言い表すのに "cry" が使われることもあります。

この部分の "Cry" は前後の文脈から察するに、「泣く」ではなく「叫ぶ」の意味で使われているでしょう。

繰り返してたApology

「繰り返してた謝罪」という意味です。

"Apology(アポロジー)" は「謝罪」という意味です。 "My apologies" で「ごめんなさい」とか「申し訳ありませんでした」など謝罪を意味する表現になります。

あの日の涙 What do you mean?

「あの日の君の涙はどういう意味だったの?」という意味です。 つまり、「あの日、君はいったいどういう理由で涙を流したの?」ということです。

"mean(ミーン)" はここでは「意味する」という意味の動詞です。 したがって "What do you mean?" を直訳すると「あなたは何を意味しますか?」という意味になります。

"What do you mean?"は「あなたの発言は何を意味しますか?」という意味で使われるケースが大部分なのですが、ここでは発言ではなく落涙の意味を問うているようですね。

See your face

「君の顔を見る」という意味です。

拭うLast tears

「最後の涙を拭う」という意味です。

"last" がここでは「最後の」という意味で、"tears" は「涙」を意味する名詞 "tear(ティア)" の複数形です。

Won't you stay with me?

「僕といっしょに居てくれないか?」という意味です。

Never be the same

「(昔と)同じにはならない」という意味です。

"Things will never be the same" や "It will never be the same" などの表現の先頭の部分が省略された表現です。

こうした表現の "Things" や "It" は漠然とした状況を指し示しています。 したがって、"Things (It) will never be the same" を直訳すると「物事はもう二度と(これまでと)同じにならないだろう」という意味になります。

例えば、恋人とちょっと口喧嘩したぐらいであれば、また元通りの関係に戻れます。 しかし、恋人が他の誰かと浮気している現場を目撃してしまったらどうでしょうか? 彼(彼女)との間に修復不可能な溝ができてしまうことでしょう。 "Things will never be the same" は、そのように前の状態に戻れなくなったときに使われる表現です。 恋愛関係以外(卒業とか親しい人の死とか)にも使われます。

「Last Dance」の歌詞のこの "Never be the same" は「元の2人には戻れない」と訳してしまっていいかもしれません。

言えぬMassage

「言えぬMessage(メッセージ)」の間違いかな、と思います。 "massage" だと「マッサージ」になってしまいますから。

I love you, I love you, I love you それだけ

「君を愛してる、君を愛してる、君を愛してる、それだけ」という意味です。

やがて消えてゆくMoonlight

「やがて消えてゆく月光」という意味です。 "moonlight(ムーンライト)" は「月の光」という意味です。 "moon(月)"+"light(光)" で「月の光=月光」です。