"gotta find~" の意味と解説

意味

"gotta find~" は「~を見つけないといけない」という意味です。

My dog gotta find someplace to sleep.
私の犬は眠る場所を探さなきゃならない。
A woman gotta find a man that loves her more than she loves him.
女は自分が愛する以上に愛してくれる男性を見つけなくてはならない。

解説

"gotta" と "find" それぞれの意味を説明したのち、"gotta" と "find" を組み合わせた "gotta find~" について説明します。

"gotta"

"gotta" は "have got to" が変化した末に生じた言葉です。

"gotta" と "have got to" は同じ意味です。 どちらも後ろに動詞の原形が来て「~しなくてはならない」という意味になります。
...we have got to meet that guy that Morash kept calling 'a strange fellow'.
...俺たちは Morash がしきりに「妙なやつ」と呼ぶ男に会わなけりゃならない。
# "have got to" の用例。
...we gotta meet at the warehouse now.
...私たちは今すぐに倉庫で会わなくてはならない。
# "gotta" の用例。
She has got to learn to listen!
彼女は(人の言葉に)耳を傾けることを学ばなきゃな!
# "have got to" の用例。 主語が "she" という三人称なので、 "have" が "has" になっている。
She gotta learn how to smile.
彼女は微笑み方を学ぶ必要がある。
# "gotta" の用例。 "gotta" では "have/has" が省略されてしまっているので、主語が一人称("I")でも二人称("you")でも三人称(he/she)でも単数でも複数(they/we)でも形に違いはない(どれも "gotta")。

"find"

"find~" は「~を見つける」という意味の動詞です。
Let's find him!
彼を見つけよう!
# "let's" は「~しよう」と呼びかけるときの表現。 "let's" は "let us" の短縮形だが、"let us" という元の形よりも短縮形の "let's" を使うのが普通。
They found him dead.
彼らは彼を死んだ状態で発見した。
# "found" は "find" の過去形(過去分詞形も "found")。 They found him dead. はSVOCの第五文型で、O=Cという関係が成立する。 この例文で言えば「"him(彼)"="dead(死んでいる)"」という関係。

"gotta find~"

「~しなくてはならない」という意味の "gotta" と、「見つける」という意味の "find" が組み合わさされて、"gotta find~" は冒頭に記載した「~を見つけなくてはならない」という意味になっています。

"gotta" の説明において「"gotta" の後には動詞の原形が来る」と述べましたが、その動詞の原形に当たるのが "find~" です。

"gotta find~" の元の形である "have got to find~" において、"to find~" は名詞的用法の不定詞です。 "have got to find~" の "to" は "gotta find~" においては "gotta" に吸収合併されており、その痕跡が "gotta" の末尾の "-ta" あるいは "-a" に見られるのみですが、それでも "gotta find~" の "find" が名詞的用法の不定詞の一部であることに変わりはありません。