「フィスト」の意味と語源

フィスト」の意味について説明します。

「フィスト」は "fist"

「フィスト」は "fist" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"fist" の意味

基本的な意味

"fist" の基本的な意味は「拳(こぶし)、握った手」という意味です。 この意味の "fist" は名詞です。

"fist" は辞書では次のように定義されています:
指を手の平に向けて曲げ、固く閉じた手。 殴るときのような手の形状。

"fist" は「殴る」という表現と共に用いられることが多いのですが、それだけではありません。 手の甲で目をこするときに握ったようになる手の形状や、何かを掴んだときの手の形状も "fist" です。

動詞としての意味

"fist" には動詞としての意味もあります。 動詞の "fist" には次のような意味があります:

  1. 手を握りしめて拳にする
  2. 拳で殴る
  3. 拳に掴(つか)む

他の意味

"fist" には他にも次のような意味(いずれも名詞)があります:

  1. 人差し指で指す記号(☞)
  2. 挑戦、試み
  3. 一掴み(ひとつかみ)

"fist" の語源

"fist" はドイツ語を経由して英語に入ってきた言葉で、その元を突き詰めると「」を意味する "pénkʷe" という印欧祖語に至ります。 「5」というのは「5本の指」ということでしょう。

「フィスト」の意味

"fist" が「フィスト」というカタカナ語として使われるとき、それは「拳、握った手」という名詞の意味で使われているでしょう。

2019年に公開されるアニメ映画「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」には「紺青の拳」と呼ばれるブルーサファイアが登場しますが、これのサファイアがこのように呼ばれるのは、(この映画を観てないので推測になりますが)このサファイアが拳大ほどもある巨大なサイズだからでしょう。