「アバター」の意味

ネット・小説・ゲームなどで「アバター」という言葉が使われることがありますが、この「アバター」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「アバター」は "avatar"

「アバター」は "avatar" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"avatar" の意味

"avatar" には次のような意味があります:

  1. ヒンドゥー教の神(特にヴィシュヌ神)が人・超人・動物の姿を取ること。 神の化身(けしん)、現身(うつしみ)。
  2. 何らかの概念や性質を具体的に表す存在。 例. "avatar of beauty(美の化身)", "avatar of evil(悪の権化)"
  3. ネット上のコミュニティー(掲示板やチャットルームなど)において参加者が自分自身を表すのに用いるアイコンや画像など。
  4. バーチャル・リアリティー(仮想現実)やサイバースペース(ネット上でコミュニケーションが発生する場。狭義では3次元でキャラクターたちが動き回りコミュニケーションを行う仮想空間)における移動可能なイメージ。 例えば、オンライン・ゲームで自分が操るキャラクター。

"avatar" の語源

"avatar" の語源は「降臨(神が肉体を持つ存在として地上に降りてくること)」という意味のサンスクリット語 "ava-tāra" です。 "ava-tāra" は18世紀後半に "avatar" として英語に輸入されました。

ネット用語としての "avatar"

"avatar" という語がネット関連の意味(上記の3や4の意味)で始めて使われたのは 1986年のことです。 同年に発表された Lucasfilm Games 社(現 LucasArts 社)が発表した "Habitat" という多人数参加型オンライン・ロールプレイング・ゲームで、参加者が操るキャラクターのことを "avatar" と呼んだのです。
"Habitat" はロールプレイング・ゲーム(RPG)といっても「モンスターと戦闘してレベルアップする」というゲームではありません。 ネット上の仮想世界における仮想コミュニティーで他人と交流するというゲームです。 RPGは「役割(ロール)を演じる(プレイ)という」というのが本来の意味なので、戦闘がなくてもレベルアップがなくても "Habitat" はRPGです。
1985年に発売開始された "Ultima IV(ウルティマ4)" というゲームでも、このゲームの副題が "Quest of the Avatar(アバターの探求)" となっていることからも明らかなように "avatar" という言葉が登場しますが、このゲームにおける "avatar" はネット用語の "avatar" ではなく単にゲームのストーリーの関係で登場する言葉です。
"Ultima IV" はネットゲームではなく、オフラインで遊ぶゲームです。 このゲームでプレイヤーは、8つの徳を修めて "Avatar" となることを目指します。 このゲームにおいて "Avatar" とは「聖者」のようなものなのでしょう。 まるで「神の化身」のような存在ということでの「聖者」ということでしょうか。

ネット関連の言葉としての "avatar" が世間に広まったのは、ニール・スティーブンソンという作家が 1992年に発表した "Snow Crash" という小説がきっかけでした。 この小説では、バーチャル・リアリティーの社会において参加者が操作するキャラクターが "avatar" と呼ばれます。

ゲーム "Habitat" の "avatar" にしても "Snow Crash" の "avatar" にしても、上述の "avatar" の4つの意味のうち3番目(アイコンや画像)ではなく4番目(自分が操作するキャラクター)の意味です。 したがって、"avatar" の3番目の意味よりも4番目の意味のほうが先に存在したのでしょう。